Bio DieselBDF事業

﨑山組では食用廃油を回収し、バイオディーゼル燃料にリサイクル
自社重機に利用してCO2削減に貢献しております。

食用廃油の処理は、どうしてますか?
捨ててしまえばゴミですが、環境にやさしいバイオディーゼル燃料にリサイクルして、CO2を削減しませんか?
﨑山組では、2008年3月よりBDF事業(バイオディーゼル燃料原料の回収・精製活用など)を立ち上げ食用廃油の回収を行い自社重機に精製したバイオディーゼル燃料を利用し、CO2削減に貢献しております。

掲載記事:近江八幡商工会議所の定期通信紙「貿易風」(PDF:1.6MB)

天ぷらなどを揚げていらなくなった油→油が冷めてから容器へ入れて保管→回収へお伺いします→回収した食用廃油から、バイオディーゼル燃料を精製→バイオディーゼル燃料は重機などのディーゼル燃料として使用→CO2削減・環境問題に大きく貢献!

バイオディーゼル
燃料の特徴

  • CO2排出がゼロカウント。
  • 市販のディーゼル車に使用できます。
    (車種と年式によります。)
  • 黒煙は、軽油と比較し約3分の1以下。
  • 軽油と同等の燃費と走行性を発揮。
  • 硫黄酸化物はほとんど含みません。
  • 軽油引取税は課税対象外。
    (軽油との混合の場合は課税対象)

バイオディーゼル燃料は、食用廃油に化学処理を施した、メチルエステルを主成分とする液体燃料。
ディーゼルエンジンの燃料としては、着火性が良好なことなどと共に、粘度が適正であることが必要な条件となります。植物油は、そのままでは粘度が高いため粘度を下げる処理が必要であり、その方法の一つがエステル交換反応です。
植物油にメタノールとアルカリ触媒を加えエステル交換反応と呼ばれる化学反応をさせ、軽油性状と同等なバイオディーゼル(メチルエステル)を取り出します。
その後、燃料の品質を高めるため、洗浄・脱水工程を経て、バイオディーゼル燃料が完成します。

食用廃油の回収についてWASTE OIL COLLECTION

回収可能な油

菜種油 ・大豆油 ・コーン油 ・ごま油 ・サフラワー(紅花)油 ・ひまわり油 ・サラダ油などの植物油(賞味期限切れでも可)

回収できない油

鉱物油 ・牛脂 ・ラード(豚脂) ・パーム油 ・やし油などの動物脂、植物脂(常温で固化するもの)

ご注意事項

  • 天カスや水分などの不純物はできるだけ濾過して取り除いてください。
  • オイルトラップ・グリストラップなどからの油は回収できません。
  • リサイクルさせていただきますので、容器に廃油がたまりましたらご連絡下さい。弊社より引き取りにお伺い致します。
自社で作ったバイオディーゼル燃料で動かしているフォークリフトです。一部ですが、この他発電機やトラックにも使用しています。

回収に関する
お問い合わせ
TEL:(0748)34-8316 (受付時間:平日9:00~16:00まで)
〒523-0084 滋賀県近江八幡市船木町960
株式会社﨑山組 リサイクル課 担当 松永・吉田

HOME > BDF事業

サイレントパイラーによる無振動、無騒音の基礎工事などお気軽にお問い合わせください。

TEL.0748-34-8316 FAX.0748-36-6564

お問い合わせ

Copyright © SAKIYAMA GUMI Co, All rights reserved.
ページトップへ